© 2018 MALEKA GARDEN Pte Ltd.

  • White Facebook Icon
  • White Pinterest Icon
  • White Instagram Icon

SHOP

 

ABOUT

Maleka Gardenは、フィジー初の
ドライフルーツ製作/販売会社であり、

フィジーで暮らすお母さん達が、

砂糖不使用/無添加に

こだわった商品を作っています。

Maleka(マレカ)とはフィジー語で、
五感が満たされた時に使う言葉。

美味しいものを食べたとき
美しい景色を見たとき
良い音を聴いたとき
心地好い香りやモノに触れたとき。

人々は、"Maleka!"と言う。

Maleka Gardenは、事業を通して、
ひとりでも多くの人の身体と心が、
"Maleka"と感じる瞬間を生み出したい。

そう想いを込め、商品を作っています。

コンセプトは、

“Nourish Your day”

-栄養に満ちた一日を-

自分自身が笑顔溢れる
幸せな日々を暮らすためには、

そして周りの大切な人たちに
優しくなれるには、


まずは自身の身体と心が
健康な状態でいることが大切。

身体も心も栄養で満たし、

今日も五感が喜ぶしあわせな

一日を過ごしてゆけたら。

 

そんな願いを込めて、

フルーツの香り漂う明るい空間で、

日々楽しく商品を作っています。

 
 

STORY

<代表プロフィール>

 

永崎 優

1983年、兵庫県生まれ。

奄美大島と、宮崎県の島浦島という

2つの島にルーツを持つ。

18歳、大学進学を機に北海道へ。

一人暮らしをしながら、

長年の夢だった”留学”を叶える為、

アルバイト三昧の生活を送る。

20歳、人生初の海外渡航先である

オーストラリアに渡り、1年間留学。

滞在中、先住民アボリジニの村を

訪れる旅や、国際平和巡礼に参加し、

世界各国の人々と出会う。

22歳、大学を2年休学し、渡英。

               

British Council主催の

"日本語指導助手派遣プログラム”

一期生として、リバプールへ。

現地では、イギリス人の子ども達が通う

幼稚園から高等学校までの一貫校、

 "Liverpool College"にて、

日本語教師として勤務。

     

プライベートでは、この音楽の地で

アフリカン/ラテンパーカッション

グループに所属し、

また沖縄三線を演奏するなど、

音楽活動に明け暮れる。

時々、ヨーロッパ各地やアフリカを旅。

24歳、英語教員免許取得後、

無事、大学を卒業。

卒業後は、南太平洋フィジーにある

語学学校に就職し、3年勤務した後、

現地の公立高校にて4年勤務。

途中、会社を4ヶ月休職し、

NGO団体PEACE BOAT主催の

”世界一周の船旅”に、

英語の通訳ボランティアとして乗船。

アフリカ/南米など、主に南半球を旅。

30歳、結婚。

31歳、フィジーにて第一子出産。

33歳、起業。

フィジーのお母さんたちが

社会の中で心身共に健康で、

より笑顔で過ごせる場所を増やすべく、

MALEKA GARDENを設立。

 

<創業への想い>

 

​ 世界の多くの国がそうであるように、フィジーで暮らす女性達もエネルギーに満ち溢れ、とってもパワフルだ。特にお母さん達はよく働き、たくさんの子どもを育てている人も多い。

 フィジーでは、女性の産休・育休が最長3ヶ月であり、​多くの女性は産後、生後2、3ヶ月の赤ちゃんを誰かに預けて、仕事に復帰する。日本のような、乳児を預かってくれる保育所はないが、現地の人の多くが大家族で構成されているため、家族や親戚の中には必ず赤ちゃんのお世話をしてくれる人がいた。

 しかし、ここ数年、村から都市へ出てくる家族が増えている為、核家族化が進み子どもを預ける人がおらず、ベビーシッターを雇うというケースが増えている。ベビーシッター代は家計に響くし、正直なところ、子どもを安心して預けられている、と感じている人は多くない。

 そこで、”お母さん達が楽しく働き、安心して子どもを連れて働くことができる場を作りたい”、という想いから、MALEKA GARDENは設立された。

 手掛ける事業は、ドライフルーツ製作・販売・輸出。フィジー国産の果物のみを使い、子ども達も安心して食べられる無添加ドライフルーツを作り、ゆくゆくはフルーツティーや、フルーツレザーも販売していく。

 お母さん達がストレスフリーで、気持ちよく仕事も育児も続けられること。そうすることで、それぞれの家族の絆の深まりや、幸福度の高まりへ繋がっていくことができたら。

 

平和な社会は、家庭からはじまる”

 お母さんが毎日穏やかに笑顔でいられると、家族みんなが幸せな気持ちになる。このことが、少しずつ社会に波及していき、より平和な未来を築いていけたら。

 強く抱くこの想いを、MALEKA GARDENは事業を通して社会に伝えていく。

 

CONTACT